【誰でも簡単】押し花の作り方をご紹介|おすすめの押し花シートも販売中!

押し花は、花の美しさを長く残すアートとして、今やハンドメイドのトレンドの中心。
ネイルアートやラミネート加工、スマホケースのデザインなど、
生活のあらゆる場面でその魅力を感じることができます。

「私も押し花に挑戦したい!」と考えている方は増えているのではないでしょうか。
下記では、はじめて押し花に挑戦する方におすすめの花や作り方・専用の押し花シートをご紹介します。

目次

押し花に向いている花の選び方

押し花の魅力は、生き生きとした花をそのままの状態で保存すること。
でも、「なぜかうまくいかない」「茶色くなってしまった」という声も少なくありません。

失敗の原因は?

その主な理由の一つは、花の選び方。押し花には向いている花とそうでない花が存在します。すべての花が押し花に向いているわけではなく、適切な花を選ぶことで、失敗を避けることができます。

何が大切?

  • 水分を速く抜く:押し花は、花の水分をいかに速く、そして均一に除去するかが成功の鍵です。
  • 花弁の厚さ:薄い花弁は乾燥しやすく、色も鮮やかに仕上がります。
  • 花の大きさ:大きすぎる花は乾燥が均一に行えず、不均一になる可能性があります。

どんな花が向いている?

初心者には下記のような特徴の花が向いています。

  • 薄い花弁の花
  • 小さめの花
  • 花びらが重なっていないもの

例)

コスモス
ビオラ
パンジー
カスミソウ

バラやチューリップのように花びらが重なっているものは、水分が抜けにくいです。
これは、初心者には難易度が高いため、経験を積んだ後に挑戦しましょう。

押し花の作り方ガイド

押し花の作り方には主に3つの方法があります。①本に挟む・本を載せる ②電子レンジで乾燥させる ③アイロンを当てる。それぞれの方法を詳しく説明します。

1. 本に挟む・本を載せる方法

簡単で馴染みのある方法

この方法は最も一般的で、誰でも簡単にできます。子供でも楽しめるので、家族で押し花作りを楽しむのに最適です。

必要なもの

  • 押し花にしたい植物(向いている植物についてはこちらを参考
  • 分厚い本(辞書など)
  • 押し花専用の乾燥シート(おすすめの乾燥シートはこちらを参考

※ティッシュやキッチンペーパーも使えますが、植物が貼り付きやすくなるため、乾燥シートの使用を推奨します。

手順

  1. 植物の下準備:植物を本に挟む前に、葉と花を分けると仕上がりが良くなります。ハンドメイド作品用には、花だけを切り取ると良いでしょう。
  2. 植物を乾燥シートに配置:下準備ができた植物を乾燥シートに並べます。新聞紙やダンボールを乾燥シートの外側に置くと、本が汚れにくくなります。(おすすめの乾燥シートはこちらを参考
  3. 本に挟んで待つ:最後に本を重ねて数日間待ちます。これで完成です。

メリット

  • 簡単で手間がかからない
  • 放置しておくだけでOK
  • 光熱費がかからない

デメリット

  • 押し花が完成するまで時間がかかる
  • 事前に計画を立てておく必要がある

2. 電子レンジで乾燥させる方法

迅速で効率的な方法

この方法では、電子レンジを使って短時間で押し花を作れます。慣れれば多くの押し花を一度に作ることができます。

必要なもの

  • 押し花にしたい植物
  • 押し花専用の乾燥シート(おすすめの乾燥シートはこちらを参考
  • ダンボール
  • 輪ゴム
  • 電子レンジ

手順

  1. 準備:ダンボールの上に乾燥シートを敷き、その上に植物を並べます。必要に応じて茎や葉を取り除きます。
  2. 重ねる:植物を並べたら、上から乾燥シートとダンボールを重ねます。輪ゴムで十字に固定します。
  3. 電子レンジで加熱:500Wで1分間加熱します。乾燥具合を確認し、必要に応じて追加で加熱します。

メリット

  • 短時間で多くの押し花を作れる
  • 迅速で効率的

デメリット

  • 加熱時間を見極める必要がある
  • 確認作業が手間になることがある

3. アイロンを当てる方法

手軽で時間がかからない方法

アイロンを使った方法は、短時間で押し花を作れるため、すぐに結果が欲しい方に適しています。

必要なもの

  • 押し花にしたい植物
  • 押し花専用の乾燥シート(おすすめの乾燥シートはこちらを参考
  • アイロン
  • アイロン台

手順

  1. 準備:押し花にしたい植物を仕上がりイメージに沿って分けます。
  2. アイロンを当てる:乾燥シートに植物を挟み、アイロン台の上でアイロンを押し当てます。パリパリになるまで様子を見ながらアイロンを当てます。

メリット

  • 短時間で完成
  • 簡単で手軽

デメリット

  • 植物にシワが寄ったり、色が黒ずんだりすることがある
  • コツをつかむまで少し練習が必要

これらの方法を使って、美しい押し花を作り、様々なアートやクラフトに活用しましょう。

押し花乾燥シートとは?

押し花のポイントは、花の水分を適切に取り除き、その鮮やかな色や形を保存すること。

昔ながらの新聞紙を活用する方法もありますが、どうしても色あせてしまいます。

咲いている状態とほとんど変わらないような色鮮やかな仕上がりを求めるなら、
押し花を適切に乾燥させてくれる専用の押し花乾燥シートを使用することをおすすめします。

でも、シートを取り扱っているお店を見つけるのはなかなか大変。

しかも、価格が高かったり、特定の協会に加入しないと購入できないなんていうハードルも…。


そんな悩みを解消するのが、『そのまま使える押し花乾燥シート』

ネットで低価格で手軽に購入できるのもこのシートの魅力のひとつ!

シートに花を挟むだけで水分をしっかりと吸収し、きれいな押し花が作成できます。

そのまま使える押し花乾燥シート 

主な特長

  • とにかく簡単
  • 吸水性抜群
  • 花びらがはがしやすい
  • 再使用も手軽にできる
  • 低価格
  • とにかく簡単
  • 吸水性抜群
  • 花びらがはがしやすい
  • 再使用も手軽にできる
  • 低価格

①とにかく簡単

押し花シートの多くはシートと花の間に和紙などの薄い紙を挟んで使用します。そのため、材料を揃えるのに手間がかかりますが、『そのまま使える押し花乾燥シート』はシート2枚と花さえあれば、あとは家にあるもので誰でも簡単に押し花が作れます。

準備が必要な材料が少なく、はじめて押し花に挑戦する方や子どもの自由研究にもぴったりです。

②吸水性抜群

シートに吸水性があるため、花の水分をしっかりと吸い取り、押し花の乾燥をサポートします。
花から水分をすばやく抜くことで、押し花を色鮮やかできれいに仕上げることができます。

初めての方でも、きっと素敵な押し花を作ることができるはず!

押す前の状態
完成した押し花

③花びらがはがしやすい

シートに剥離性があるため、押し花が完成した後、花びらがシートに張り付くという問題を解消します。

シートを傾けるだけでも簡単にはがすことができる押し花もあるほど剥離性に優れており、繊細な押し花を傷つけることなく、簡単にはがすごとができます。

デリケートな押し花も傷つけずにはがせるので、初めての方でも安心して使っていただけます!

※花から出る水分で汚れてしまうので、繰り返し使用する場合や汚れが気になる方はティッシュペーパーやクッキングペーパー(水分や油を吸う不織布タイプのもの)など通気性の良い紙を花とシートの間に挟んでください。

剝離性をCHECK!

\ 押し花完成直後のものです /

④再使用も手軽にできる

一般的な押し花シートは使用後にしっとりと湿ってしまうため、再使用する前に電子レンジなどでの乾燥が必要です。これは多くの方にとって面倒な工程となります。

しかし、『そのまま使える押し花乾燥シート』なら、特別な構造のおかげで使用後もシートはサラサラを保持し、乾燥した室内で放置するだけで再利用が可能です。この手間の省略により、押し花作りがさらに簡単かつ楽しいものとなります。(使用環境・室内環境により、再利用までの時間・再利用限度回数は異なります)

⑤手頃な価格

量産のメリットを活かして、『そのまま使える押し花乾燥シート』は一般的な押し花シートと比べても手頃な価格で提供されています。

初めての方でも気軽に始められる価格が嬉しいポイントです!( 価格についてはこちらから

Amazon カテゴリー1位を獲得

購入者さまの実際の声

使用方法

用意するもの

  • そのまま使える押し花乾燥シート(最低2枚)
  • 本などの重しになるもの
  • ピンセット(必要な場合のみ)
  • ティッシュペーパーやキッチンペーパー(必要な場合のみ)
今回はあじさいを使用しました

手順

STEP
「そのまま使える押し花乾燥シート」の上に花が重ならないように並べます
STEP
1の上に「そのまま使える押し花乾燥シート」を被せます
(サンドイッチ状態にする)


乾燥時、花から出る水分で乾燥シートが汚れてしまう可能性があるので、繰り返し使用したい場合などではティッシュペーパーやクッキングペーパー(水分や油を吸う不織布タイプのもの)など通気性の良い紙を挟んで使用することもできます。(乾燥シートの汚れ防止)

(下から 乾燥シート  → ティッシュ →   → ティッシュ → 乾燥シート の状態)

※汚れが気にならない場合はティッシュなど間に挟まなくても乾燥シートのみの運用でOKです。

STEP
2 の上に重しを乗せます
STEP
3日ほど待てば完成です

完成までの時間は花の種類や環境によって異なります。
湿度や温度によって乾燥の時間や場所を選びましょう。

STEP
「そのまま使える押し花乾燥シート」の上に花が重ならないように並べます
STEP
1の上に「そのまま使える押し花乾燥シート」を被せます(サンドイッチ状態にする)


乾燥時、花から出る水分で乾燥シートが汚れてしまう可能性があるので、繰り返し使用したい場合などではティッシュペーパーやクッキングペーパー(水分や油を吸う不織布タイプのもの)など通気性の良い紙を挟んで使用することもできます。(乾燥シートの汚れ防止)

(下から 乾燥シート  → ティッシュ →   → ティッシュ → 乾燥シート の状態)

※汚れが気にならない場合はティッシュなど間に挟まなくても乾燥シートのみの運用でOKです。

STEP
2 の上に重しを乗せます
STEP
3日ほど待てば完成です

完成までの時間は花の種類や環境によって異なります。
湿度や温度によって乾燥の時間や場所を選びましょう。

注意事項

  • 花の種類、花びらの厚さによって乾燥にかかる時間は異なります。
  • 花から出る水分でシートが汚れてしまう可能性があるので、繰り返し使用したい場合はティッシュペーパーや和紙、クッキングペーパー(水分や油を吸う不織布タイプのもの)など通気性の良い紙を挟んで使用してください。
  • 厚みがある花の場合は、シートを2枚重ねにして使用してください。
  • シートが湿気を吸うので湿気の少ない場所で保管してください。

押し花乾燥シート 販売中

田村商店 ECサイト価格

規格
(サイズ)
入り数
(枚数)
価格
(税込み・送料込み)
B5サイズ
182mm × 257mm
4枚入580円


20枚入1,430円


100枚入3,630円
B4サイズ
257mm×364mm
10枚入1,870円

 
50枚入
3,630円

 
100枚入5,500円

規格
(サイズ)
入り数
(枚数)
価格
(税込・送料込)
B5サイズ
182㎜ × 257㎜
4枚580円


20枚1,430円


100枚3,630円
B4サイズ
257㎜×364㎜
10枚1,870円

 
50枚
3,630円

 
100枚5,500円

   \ 会員登録不要 /

田村商店ECサイト
最安値で購入

不定期開催キャンペーンで
お得に購入

長岡市公式ショップ
丸ごとながおか

\ 会員登録不要 /

田村商店ECサイト
最安値で購入

不定期開催キャンペーンで
お得に購入

長岡市公式ショップ
丸ごとながおか

よくある質問

規格外のサイズの注文は可能ですか?

可能です。ただし、最小サイズは100×100㎜、最大サイズは295㎜×385㎜となります。
別途お見積りいたしますので、お問い合わせください。

大量購入を検討しています。

枚数が多いほど価格が抑えられるので、詳細については別途お見積りいたします。

押し花キットも販売中

押し花キット
2種類を低価格で販売中

押し花キット


押し花キット フレーム付き


Amazonカテゴリー1位を獲得した押し花キットです。
押し花を手軽に楽しむのに必要なアイテムをセットで販売しております。
下記では押し花キット内容のご紹介と、直接販売しております。

Amazonカテゴリー1位を獲得した押し花キットです。押し花を手軽に楽しむのに必要なアイテムをセットで販売しております。下記では押し花キット内容のご紹介と、直接販売しております。

押し花キットについて

押し花キット(フレームなし)

セット内容

  1. そのまま使える押し花乾燥シート(B5サイズ4枚)
  2. 押し花保管用袋(1枚)
  3. 手貼りラミネートフィルム(ハガキサイズ1枚)
  4. 押し花キット保管用アルミ袋(1枚)
  5. 乾燥剤(2枚)

【そのまま使える押し花乾燥シート】
花をシートで挟むだけで効果的に水分を吸収し、花の乾燥をサポートします。
・吸水性抜群・花びらがはがしやすい・再利用も可能など、押し花を手軽に楽しめるのに適したシートです。 こちらで詳しく解説しております。

【押し花保管用透明袋】
作成した押し花の保管に活用いただけます。チャック付きで取り出しやすい幅広タイプをご用意しました。

【手貼りラミネートフィルム】
ハガキサイズで誰でも簡単にラミネートできます。 ラミネートすることで空気をシャットアウト!作成した押し花を長期に保管いただけます。 押し花をラミネートしオリジナルの押し花栞としてご活用いただけます。

【保管用アルミ袋】
押し花は光に弱く時間の経過と共に色あせ劣化していきます。 保管用アルミ袋に入れることで光を遮るので、長期間の保管が可能になります。 一緒に押し花乾燥シートや付属のセットも全て入る大きさなので、まとめて管理できます。

【乾燥剤 2枚】
押し花の劣化を防ぐのに乾燥剤は欠かせません。 付属の保管用透明袋に、作成した押し花と一緒に乾燥剤を1枚入れてご活用ください。 もう1枚はアルミ袋内に入れて、押し花乾燥シートの乾燥剤としてご活用ください。

押し花を手軽に楽しむのに最適なものを揃えたセットになります。押し花初心者の方や手軽に楽しみたい方におすすめしております。

押し花キット 活用イメージ

① 押し花を簡単作成

キットに付属の「① そのまま使える押し花乾燥シート」で押し花を簡単・綺麗に作成できます。

「そのまま使える押し花乾燥シート」については こちら で詳しく解説しております。


② 押し花の保管・③ラミネートフィルムの活用

キットに付属の「② 保管用袋」で作成した押し花を一時保管できます。

押し花が揃ったら「③ 手貼りラミネートフィルム」で好みの形に整えて綺麗に保管いただけます。


 
④ 保管用アルミ袋の活用

キットに付属の「④ 保管用アルミ袋」で光を遮るので、長期間の保管が可能になります。 一緒に押し花乾燥シートや付属のセットも全て入る大きさなので、まとめて管理できます。


 
⑤ 乾燥剤の活用

キットに付属の「⑤ 乾燥剤 2枚」は付属の保管用透明袋に、作成した押し花と一緒に乾燥剤を1枚入れてご活用ください。 もう1枚はアルミ袋内に入れて、押し花乾燥シートの乾燥剤としてご活用ください。


使用方法

使用方法は画像を参考にしてください。購入時にも付属されております。
「そのまま使える押し花乾燥シート」については こちら で詳しく解説しております。

\ 押し花キット ご購入はこちらから /

押し花キット フレーム付き

セット内容

  1. そのまま使える押し花乾燥シート(B5サイズ4枚)
  2. 押し花保管用袋(1枚)
  3. 手貼りラミネートフィルム(ハガキサイズ1枚)
  4. 押し花キット保管用アルミ袋(1枚)
  5. 乾燥剤(2枚)
  6. ハガキサイズフォトフレーム(1個)

【そのまま使える押し花乾燥シート】
花をシートで挟むだけで効果的に水分を吸収し、花の乾燥をサポートします。
・吸水性抜群・花びらがはがしやすい・再利用も可能など、押し花を手軽に楽しめるのに適したシートです。 こちらで詳しく解説しております。

【押し花保管用透明袋】
作成した押し花の保管に活用いただけます。チャック付きで取り出しやすい幅広タイプをご用意しました。

【手貼りラミネートフィルム】
ハガキサイズで誰でも簡単にラミネートできます。 ラミネートすることで空気をシャットアウト!作成した押し花を長期に保管いただけます。 付属のフォトフレームと一緒にご活用できます。(※フォトフレームサイズより若干大きいので一緒に活用する場合は少しカットしていただく必要があります)
その他にも、オリジナルの押し花栞としての活用も可能です。

【保管用アルミ袋】
押し花は光に弱く時間の経過と共に色あせ劣化していきます。 保管用アルミ袋に入れることで光を遮るので、長期間の保管が可能になります。 一緒に押し花乾燥シートや付属のセットも全て入る大きさなので、まとめて管理できます。

【乾燥剤 2枚】
押し花の劣化を防ぐのに乾燥剤は欠かせません。 付属の保管用透明袋に、作成した押し花と一緒に乾燥剤を1枚入れてご活用ください。 もう1枚はアルミ袋内に入れて、押し花乾燥シートの乾燥剤としてご活用ください。

【フォトフレーム】
ハガキサイズのフォトフレームです。ブラウン系のツートン色で人気の色の組み合わせになります。作成した押し花を飾る際にお役立てください。一般的なフォトフレームとしても活用できるので、お好きな活用法をお試しください。

押し花を手軽に楽しむのに最適なものを揃えたセットになります。押し花初心者の方や手軽に楽しみたい方におすすめしております。

押し花キット 活用イメージ

① 押し花を簡単作成

キットに付属の「① そのまま使える押し花乾燥シート」で押し花を簡単・綺麗に作成できます。

「そのまま使える押し花乾燥シート」については こちら で詳しく解説しております。


② 押し花の保管・③ラミネートフィルムの活用

キットに付属の「② 保管用袋」で作成した押し花を一時保管できます。

押し花が揃ったら「③ 手貼りラミネートフィルム」で好みの形に整えて綺麗に保管いただけます。


 
④ 保管用アルミ袋の活用

キットに付属の「④ 保管用アルミ袋」は光を遮るので、長期間の保管が可能になります。 一緒に押し花乾燥シートや付属のセットも全て入る大きさなので、まとめて管理できます。


 
⑤ 乾燥剤の活用

キットに付属の「⑤ 乾燥剤 2枚」は付属の保管用透明袋に、作成した押し花と一緒に乾燥剤を1枚入れてご活用ください。 もう1枚はアルミ袋内に入れて、押し花乾燥シートの乾燥剤としてご活用ください。


 
⑥ フォトフレームの活用

キットに付属の「⑥ フォトフレーム」はハガキサイズのフォトフレームです。ブラウン系のツートン色で人気の色の組み合わせになります。作成した押し花を飾る際にお役立てください。一般的なフォトフレームとしても活用できるので、お好きな活用法をお試しください。

 
使用方法

使用方法は画像を参考にしてください。購入時にも付属されております。
「そのまま使える押し花乾燥シート」については こちら で詳しく解説しております。

押し花キット フレーム付き
\  ご購入はこちらから  /

お問い合わせ

その他、大量購入のお見積り依頼やご不明点・ご質問等がございましたら、お気軽にご相談ください。

※個人の方は「個人」とご記入ください
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次