段ボールベッド:緊急時・災害用として/企業・各地方自治体様向け

 

 

緊急時・災害用
『段ボールベッド』 のご紹介!!

 

段ボールベッドとは?

 

完成図

段ボールベッドとは、名前の通り 『段ボールでできたベッド』 のことです。
購入費用が安く済み、 簡単に作れて、 強度もある、 とっても優れた特徴をもっています。

 

今回紹介するこちらの段ボールベッドは、 組立てに工具は不要!
他の段ボールベッドとは違い、ガムテープやカッター等も必要ありません!
付属の取扱説明書を読めば 15分前後で作成可能です!

 


 

災害時において、日本の避難所では雑魚寝が一般的ですが、
海外では実は雑魚寝はほとんどしません。

 

ベッドの文化が多いのも理由の一つですが、「エコノミークラス症候群」 の
予防の観点から、世界では簡易ベッドが一般的です。

 

医学会で呼吸器系の分野では 30センチ以上床から上げる事 が推奨されております。

 

簡易ベッドはいろんなタイプがありますが、その中でも 『段ボールベッド』 には様々な特徴・メリットがあります。

カバが寝転んでいる様子
     この光景は日本だけ!?

 

段ボールベッド 特徴

 

弊社がおすすめする段ボールベッドは 避難所に最適です。

 

特徴 1
床から30センチ 高さがある

人が生活する環境では、自然に埃やゴミなどが床に溜まってきます。避難所での環境も同様です。

その上を人が歩くと、埃は床の上を舞い上がることが確認されております。

また、近くでくしゃみやせきをして空気が動くだけでも、ほこりは床から20センチほどの高さまで舞い上がります。

これらを吸わないよう、誤飲防止の観点から、医学会で呼吸器系の分野では、床から30センチ以上上げる事が推奨されております。

特徴 2
付属の仕切りで 飛まつを抑える

避難所でよく利用される体育館のような堅く摩擦の少ない床では、今問題になっている新型コロナウイルスをはじめ、様々なウイルスが長く生き続けるという報告もあります。

ほかの避難者と十分な距離が保てない環境では感染対策として、くしゃみなどの「飛まつ」を飛ばさない工夫も必要になってきます。

こちらの段ボールベッドは付属の仕切りが付きますので、感染対策にも有効です。

また、くしゃみなどの「飛まつ」は床付近に残りやすいことがわかり、専門家は「床に“雑魚寝”する避難所の環境を変えるなど対策をとる必要がある」と指摘しています。

参考:災害時の避難所 床付近でも感染リスク 新型コロナ

NHK様が実験を行いました。
詳しくはこちらをクリックしてご確認ください。

 

 

段ボールベッド おすすめ

 

こちらの段ボールベッドは、各企業・各地方自治体の災害備蓄用としておすすめしております。

 

段ボールベッドを使用することにより、周りの人と、一定の距離を保てるようになります。

 

付属品パーツ(仕切り)を活用していただくと、段ボールベッドの周りを仕切りとして囲えるので、 周りの視線も感じることなく、安心して眠りに入ることができます。避難所にとどまらず例えば人が多く集まる空港、コンベンションセンター、ショッピングセンターなどの間仕切りの用意が無いところでも災害備蓄用として活用することができます。

 

もしもの時の、災害備蓄用として

 

各企業に

各店舗に

空港に

ショッピングセンターに

コンベンションセンターに

学校に

 

段ボールベッド メリット

 

段ボールベッド 自治体
(準備側)のメリット

  1. コストが安い (他の簡易ベッドに比べ、半分以下)
  2. 場所をとらない (保管収納時)
  3. 強度がある (強化芯を使用 推奨体重は150kg以下)
  4. 工具不要 (ガムテープやカッター等も不要! 作成は素手のみで可能)
  5. 処分が簡単 (ダンボールなのでリサイクル可能)
開封前図
収納時大きさ 長さ108cm×幅60cm×高さ17cm
完成図
組立ては3通り 好きなように変更可能
段ボールベッド 中身
中身はダンボールのみ 工具も不要
製品の仕様
ベッド本体大きさ 長さ198cm×幅85cm×高さ30cm つい立て高さ 86cm

段ボールベッド 被災者
(利用者側)のメリット

  1. 周りの人と、一定の距離を保てる
  2. 昼夜問わず、付属の仕切りの使用で周りの視線を感じにくい
  3. 床から30cm高さがあるので、床にあるゴミや埃などから距離を保てる(誤飲防止)
  4. 床に直接触れないので、空気の層ができ暖かい
  5. 床に直接面していないので、余震の揺れ・歩行者の振動を伝えにくい
  6. 椅子のかわりに活用できる
  7. ベッドの下に物を収納できる
  8. 深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)の予防になる
使用イメージ1
※使用イメージ 身長175cm 体重65kg
使用イメージ2
※使用イメージ 身長175cm 体重65kg
収納スペース
ベッド下の収納スペース 強化芯+支える面が多いので強度がある

 

段ボールベッド デメリット

 

・ダンボール製なので保管場所の環境により劣化する可能性があります。ダンボールはその性質上、湿気にあまり強くありません。特に湿気が多い所で長期保管する際は定期的に確認するなど注意が必要です。できるだけ湿気が少ない所での保管をおすすめいたします。

・ダンボール製なので長期間での使用はあまり向きません。

 

段ボールベッドの導入を考えている方で、もし不安があるようでしたら一度弊社にご相談ください。

専門のプロフェッショナルがお応えいたします。

メリット・デメリット、その他でご不明な点がありましたら、こちらもお問い合わせフォームをご利用ください。

 

段ボールベッド 取扱説明書

 

取扱説明書

画像クリックで拡大表示

 
取扱説明書は段ボールベッド本体に付属されています

取扱説明書PDF

 

段ボールベッド 作り方

 

写真でご説明します。

26枚写真がありますが、工程自体は多くないです。 組立て時間は不慣れな方でも15分前後で組立て可能です。慣れてくると5分前後でも作成できます。

 

取扱説明書も付属されておりますので、作成時はそちらを見ながら作業していただけます。

作成に関して、ご不明な点はお問い合わせフォームをご利用ください。

 

段ボールベッドの導入を考えている方で、もし不安があるようでしたら一度弊社にご相談ください。

専門のプロフェッショナルがお応えいたします。

 

段ボールベッド 耐久性

 

環境・使用状況により耐久性は異なります。
不使用でも段ボールですので、経年劣化による耐久性の減少は生じることがあります。

使用者推奨体重: 150kg以下

使用期間:概ね1ヶ月以内
※1ヶ月ほど使用すると天板が凹んで劣化します。天板を新しいものに取り換えるか、2枚重ねにしますと、さらに長期間使用できます。

子供との添い寝は問題ありませんが、それ以外の複数人でのご利用はご遠慮ください。

本来の用途以外でのご使用はご遠慮ください。予期せぬ事故の原因となります。

 

ベッドサイズ:長さ198cm×幅85cm×高さ30cm

ベッド重量:9.0kg(ベッド本体のみ、つい立て含まず)

梱包サイズ、重量:長さ108cm×幅60cm×高さ17cm、 13.6kg

 

段ボールベッド 価格 購入方法

 

価格につきましては、お問い合わせフォーム より、
『段ボールベッド見積り依頼』
と記入し弊社までお問い合わせください。
 

1⃣
弊社営業より、お客様宛にメールにて御見積書を送付いたします。
 

2⃣
その後金額にご納得いただけましたら、営業に発注の旨を伝えてください。準備に取り掛かります。
 

3⃣
発送は弊社指定口座(営業が伝えます)にお見積り金額の振り込みを確認後、順次発送いたします。
(発送までに少しお時間をいただく場合があります。その際はあらかじめお伝えいたします。)
 

お手数をおかけし大変申し訳ありませんが、
まずは お問い合わせフォーム をご利用ください。

商品について、お問い合わせはこちら!

 

田村商店へのお問い合わせは以下のフォームをご利用ください。
お問い合わせの際、商品名の記載 もお願いいたします。

氏名
貴社名
電話番号 - - ※半角数字で入力してください
メールアドレス ※半角で入力してください
(確認)
お問合せ内容

 

 

合わせてオススメ!

 

ウイルス対策として、ご活用いただけます。

  

 

その他、欲しいものが見つかるかも!?