ラベルプリンター

 

「新」食品表示制度への移行はできていますか!?

操作パネル&液晶ディスプレー搭載。


食品表示向け『ラベルプリンター』の紹介です
 

画像はラベルプリンター『TD-2130NSA』
 

 

■ラベルプリンターとは?

 

 


上記の画像のような『ラベル』は皆さんどこかで必ず目にしていると思います。
お弁当に貼ってあったり、パンの袋やお菓子、野菜などに貼ってあったり、様々な場所で目にします。

これらの『ラベル』を作成するものを『ラベルプリンター』と呼びます。

 

■「新」食品表示制度とは?

 

2015年4月より施行されました新食品表示法は、5年の猶予期間を経て2020年4月から新表示 に完全移行しました。

もともと食品表示のルールを定めていた法律は、「食品衛生法」、「JAS法」、「健康増進法」の3つありました。 この3つの法律は目的も異なるほか、それぞれに表示のルールを定めていたため、複雑で分かりづらいものでした。なので、 消費者・事業者の双方にとって分かりやすい表示ルールを実現しようと、3つの法律を統合した「食品表示法」の制度が スタートしました。

新食品表示法には様々な『ラベル表示』についての変更点があります。

詳しくは下記よりご参照ください。

 

   

 

■おすすめのラベルプリンターはこれ!!

 


brother(ブラザー工業)の「TD-2130NSA」これがおすすめです!

値段も比較的安価なうえ、この機種ならラベル作成が簡単にできます!


 

4つのおすすめポイント!

 

1、操作パネル&液晶ディスプレー搭載

 

時計機能、日付・時間の自動加算機能がついています。
賞味期限表示や消費期限表示にもしっかり対応。
文字が大きく作業しやすい液晶ディスプレー付き。

 

 

2、パソコンからでも、スタンドアロン(本体だけ)でもラベル発行可能

 

パソコンで、ラベル作成ソフトウェアからラベル発行。
作成したラベルテンプレートをパソコンから本体へ転送しておけば、
スタンドアロンでのラベル発行が可能です。

 

 

3、剥離(ハクリ)機能など食品表示ラベル発行に使える機能満載

 

都度貼付け作業に便利な剥離(ハクリ)モード、大量貼付け作業に便利な連続発行モード。
透過・反射センサー搭載、外巻ロール、ドロップイン方式の本体設計で、さまざまな感熱ロール紙に対応可能。

 

 

4、自由に編集できるラベル作成ソフト「P-touch Editor」無償同梱

 

初心者の方にもパソコンで簡単にラベル作成ができる、ラベル作成ソフトウェア「P-touch Editor」。
日時自動作成、バーコード作成、表作成、図の挿入など、実用的な機能を搭載しています。

 

 

■食品表示ラベル作成に最適な感熱ラベルプリンター

 

『加工食品ラベル』
『生鮮食品ラベル』
『栄養成分ラベル』
『商品価格ラベル』 など、

各種食品表示ラベルを簡単に作成いただけます。

パソコンからでも、本体だけでも作業環境にあわせてラベル発行できる、高機能で、価格もお手軽な1台です。

■デモ対応可能!


弊社デモ機にて、お客様の所でのデモ対応が可能です。

「こういうふうに作りたい」
「こういう形で出せるの?」  等々

ラベル作成のアドバイスや、操作方法など、
実際に目で見てご確認いただけますので、ぜひご購入前に一度ご相談ください。

お客様が安心して機器の導入ができるよう、バックアップしていきます。

 

 
■補足■

『TD-2130NSA』以外のラベルプリンターの取り扱いもございます。
宜しければ下記ボタンよりチラシをダウンロードして下さい。
 

  

 

■まとめ


ラベルプリンター【TD-2130NSA】がなぜ選ばれるのか?

1 「新」食品表示制度への移行で、お客様自身でラベル表示の変更が簡単にできる。

2 比較的安価なうえ、4つのおすすめポイントがある。

3 デモ対応が可能で、実際に導入前に確認ができる。


その他、詳しくは直接のお問い合わせか、メーカー様 ホームページにてご確認をお願いいたします。

 
お見積りのご相談や商品の説明など
その他、ご不明点・ご質問等がありましたらお問い合わせメールフォームか
直接のご連絡の際は下記にご連絡を!

新潟県 田村商店 長岡本社 0258-46-9120
新潟支社 025-273-9161